リーガルテック関連事業を展開するローイット株式会社は、クラウドサービス「AI行政書士 マルット」の新機能として、宅建業の変更届を自動作成する機能を発表しました。

自動作成することのできる変更届として、

  • 商号又は名称の変更
  • 主たる事務所の移転
  • 法人役員の就任
  • 法人役員の退任
  • 専任の宅地建物取引士の就任
  • 専任の宅地建物取引士の退任

が挙げられてます。

「AI行政書士 マルット」とは

「AI行政書士 マルット」は、2018年8月にベータ版がリリースされた、行政書士顧客向けクラウドサービス。企業の許認可管理に必要となる情報をクラウド上に集約することにより、各種許認可の更新漏れや、更新時の要件不足による事業停止リスクを回避することのできるサービスです。

(参考) 「AI行政書士 マルット」 宅建業の変更届、自動作成機能リリース – PR TIMES