500 Startups Japan

資料 – Legal Tech Trends from 500 Startups Japan

集団訴訟プラットフォームenjinや、クラウド契約書サービス(Holmes)への投資を手がけるシードベンチャーキャピタル「500 Startups Japan (現: Coral Capital)」の澤山 陽平氏が、「Legal Tech Trends – 国内外のリーガルスタートアップ」と題しスライドを公開しています。

以下、概要です。

  • 市場のトレンド
  • 海外のリーガルテック、DocuSign(クラウド型電子署名・電子契約サービス)のグロースの状況
  • リーガルテックのビジネスモデルの解説
  • BLOCK CHAIN、AIの活用
  • 法務業界の働き方のシフト
  • 海外の著名なリーガルテックの解説(Avvo, Lexoo, CrowdJustice など)
  • 日本のリーガルスタートアップ(enjin, Holmes, AI-CON など)

海外と日本の状況を照らし合わせつつ、幅広い情報を公開してくださっています。
特に、最終スライドの「要約と考察」は、今後のリーガルテック業界の見通しが示されており、大変勉強になりました。

クラウド契約書サービスのHolmes、契約マネジメントシステム「Holmes Project Cloud」を正式リリース

クラウド契約書サービス「Holmes」を提供する株式会社Holmesは、事業推進のための契約マネジメントシステム「Holmes Project Cloud」の正式リリースを発表しました。あわせて、コーポレートサイトの全面リニューアルも発表しています。

「Holmes Project Cloud」とは

Holmes Project Cloudとは、業活動に必要なあらゆる契約をプロジェクト単位で設計し最適化する契約マネジメントシステム。事業の流れに合わせて、文書や関連情報を管理し、進捗やタスクを把握しながら、シームレスに契約業務を行うことが可能になっているとのことです。

「Holmes」とは

クラウド契約書サービス「Holmes」は、2017年にリリースされ、同年、シード投資ファンド「500 Startups Japan (現: Coral Capital)」による数千万円の第三者割当増資が行われています。

2018年6月には、大規模バージョンアップが行われ、企業間請求代行サービス「MF KESSAI」や、世界的な電子契約プラットフォームである「DocuSign」との連携が発表されました。

2018年11月には、シリーズAラウンドで、5.2億円の資金調達を実施し、同時期に「株式会社リグシー」から、「株式会社Holems」への社名変更を行っています。

2019年4月には、大手外食チェーン「モンテローザ」への、「Holmes for 店舗」の導入が発表されています。

今後も、リーガルテックの最新情報を発信してまいります!

(参考) 契約に本質的なソリューションを。事業推進のための契約マネジメントシステム「Holmes Project Cloud」を正式リリース – PR TIMES