2019年のリーガルテックの所感(ざっくり ver)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2019年のリーガルテックをざっと振り返ってみますと(あくまで、プレスリリースベースですが)、注目度の高いサービス(クラウドサイン、AI-CON、LegalForceなど)のリリースは、概ね完了したと思います。

現在は、システム改善や、マーケティングが積極的に行われている印象です。

クラウドサインは、何といってもTVCMの放映、SMBCフィナンシャルグループとの合弁会社設立に注目が集まっていると思います。

AI-CONは、(このようなブログを運営していることもあって) 地道な機能改善活動が、印象的です。やはり、Webサービスなのですから「開発」に軸を置いた情報発信は信頼に繋がっていくと思います。

最近では、大学との共同研究といったプレスリリースも多く見られ、4大事務所である「森・濱田松本法律事務所 × 東大松尾研究室」をはじめとして、4大事務所のリーガルテック分野への動きが活発化しているように思います。

俯瞰してみると、クラウドサインの「リーガルテック API エコシステム」や、伊澤文平氏の「LegalTech協会」のような、リーガルテックサービス間の横の繋がりが、重要になってきそうです。

やはり、ユーザーは利用した後の拡張性も気になりますし、今後、リーガルテックサービスが新規に開発されたとしても、輪に入ることができないと事業展開が難しくなってくるでしょう。

引き続き、リーガルテック関連のニュースを集めてまいります。

SNSでもご購読できます。