リーガルテックのニュース

AI-CON、ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019にて、ASPIC会長賞受賞を発表

AI契約書チェックサービス「AI-CON」を提供するGVA TECH 株式会社は、「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」にて、ASPIC会長賞受賞を発表しました。

ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」とは

ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019とは、日本国内のクラウドサービスを対象とした、特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアム主宰、総務省後援のアワード。

総務大臣賞では、NECの「マイナポータル連携問い合わせ自動応答ソリューション」、ASP/SaaS部門ではビジュアルプロセッシングジャパンの「CIERTO(シェルト:デジタルアセットマネジメント)」が受賞しています。

AI-CONは、「AI部門/ASPIC会長賞」を受賞しています。

「AI-CON」とは

AI-CONとは、山本俊氏率いる「GVA TECH 株式会社」が提供するAI契約書チェックサービス。 契約業務の効率化・法務業務の生産性向上を目的としたリーガルテックサービスです。

同氏は「GVA法律事務所」の代表弁護士としても活躍されており、スタートアップ/ベンチャー法務・グルーバル法務を手がけています。

また、GVA法律事務所は、同じくリーガルテック分野で知られる橘大地氏(弁護士ドットコム取締役、クラウド契約サービス「クラウドサイン」事業責任者)の出身事務所としても知られています。

引き続き、リーガルテック関連のニュースを集めてまいります。

(参考) AI契約書チェックサービス「AI-CON」が総務省後援「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」AI部門でASPIC会長賞を受賞 – GVA TECH 株式会社

リーガルテック社、「AOSデータルーム 人事管理」の提供を開始を発表

eディスカバリ、フォレンジック分野のリーガルテックサービスで知られるリーガルテック株式会社は、同社機密需要報共有クラウドサービス「AOSデータルーム」をカスタマイズした、HRTech人事デューデリ情報共有システム「AOSデータルーム 人事管理」の提供開始を発表しました。

「AOSデータルーム」とは

まず、「AOSデータルーム」とは、機密性の高い高価値なデータを安全な共有クラウドで保管するサービスです。

VDR(バーチャルデータルーム)とも呼ばれ、M&Aやデューデリジェンス、パートナーシップ交渉など、重量な戦略的取引での活用が想定されています。

「AOSデータルーム 人事管理」とは

「AOSデータルーム 人事管理」は、上記「AOSデータルーム」の取り扱う分野の内、人事デューデリや、人事採用を行う際の個人情報に焦点を当てたシステム。履歴書、雇用契約、給与条件、就業規則など人事・個人情報のセキュアな取り扱いが想定されています。

「AOSデータルーム 人事管理」の特徴

同サービスの特徴として、以下が挙げられています。

  • 知財に関する機密情報をクラウド上に預かる「オンライン貸金庫」
  • 組織図に合わせた「フォルダ構成」で人材情報を共有
  • 管理者だけが見られる「ファイル閲覧履歴」で進捗管理
  • 履歴書や職務経歴書が紙ファイルであっても「OCR」でテキスト化
  • クラウド上で情報を共有し「コスト削減」
  • 人事に特化したフォルダ構成で「即時導入可能」

ますます重要かつセンシティブな情報となっている個人情報。かつての牧歌的な個人情報の時代から、現在では、データ資本主義と呼ばれるほど、その在り方が変容しています。リーガルテックの取り扱う分野としても、引き続き、個人情報保護は普遍的なテーマとなっていくことでしょう。

(参考) 11月6日 リーガルテック社が「AOSデータルーム 人事管理」の提供を開始万全のセキュリティで人事の個人情報を安全に共有 – リーガルテック株式会社

(参考) リーガルテック社が「AOSデータルーム 人事管理」の提供を開始 – PR TIMES

フェリクス少額短期保険、「弁護士費用保険 リガール」を発表、GVA TECHとの連携も

弁護士費用保険「リガール」を提供するフェリクス少額短期保険株式会社は、事業者向け弁護士費用保険「リガールBiz」と、個人向け「リガールPersonal」を発表しました。提供開始は、2019年7月1日~とのこと。

同社によると、顧問弁護士がいない中小企業は全国で300万社、全体の約80%に上るとのこと。
潜在的な法的リスクを抱える中小企業・個人事業主が気軽にリーガルサービスを利用するための架け橋として期待されています。

また、併せて、契約書レビュー作成サービス「AI-CON」を提供する、GVA TECH株式会社との提携が発表されており、被保険者は同サービスを初回無料で利用できるとのこと。

リーガスサービスの普及を、「弁護士保険サービス × リーガルテック」といった、新たな切り口で挑戦していく両社。リーガルテックの盛り上がりと並行し、リーガルサービスの普及のされ方にもイノベーションが起きています。

(参考) 中小企業・個人事業主向け 弁護士費用保険 リガール 7月1日サービス提供開始 – PR TIMES

AI契約サービス「AI-CON」、契約書レビュー結果画面のリニューアルを発表

AI契約サービス「AI-CON」などリーガルテックサービスを手がける、GVA TECH株式会社は、「AI-CON」の契約書レビュー結果画面のリニューアルを発表しました。

これまで「5段階」で評価されていたリスク判定結果に加え、「受け入れた場合のリスク」や「トラブル多発項目」といった、具体的なリスクや、起こりうるトラブルの表示が、改善点として挙げられています。

本リニューアルにより、ユーザーが想像・推測し、判断していた課題が明確になり、「契約書レビューのスピードアップ」や、「契約締結におけるリスクの削減効果」に繋がるとのこと。

リニューアル内容の一覧として、以下が発表されています。

  • 「判定理由」コメントの簡略化
  • 「修正ポイント」の追加
  • 「修正例ハイライト」
  • 「受け入れた場合のリスク」の追加
  • 「トラブル多発項目」の追加

以下、GVA TECH CEO、GVA法律事務所代表弁護士の山本 俊氏による、本リニューアルに寄せる思いが語られています。

「AI-CON」とは

(追記)

(参考) AIで契約業務を効率化する「AI-CON」、レビュー結果フィードバック画面をリニューアル – PR TIMES

オンライン登記支援サービス「LegalScript」、「株式会社設立登記手続支援サービス」の提供開始を発表

オンライン登記支援サービス「LegalScript」を提供する株式会社サンプルテキストは、「株式会社設立登記手続支援サービス」の提供開始を発表しました。

同サービスによって作成した書類に押印、公証役場で定款を受け取り、書類を法務局に郵送するだけで簡単に株式会社設立登記手続を行うことができるとのこと。

通常、会社設立手続きは、税理士や司法書士に依頼するのが一般的ですが、同サービスによって事業主自らによる登記や、従来、専門家が書類を整備していた分野の置き換えが進んでいくかもしれません。

「LegalScript」とは

LegalScriptは、「オンライン登記支援サービス」として、2018年6月にリリース。現在(2019年6月時点)、株式会社本店移転登記申請支援サービス、代表取締役住所変更登記手続支援サービス、株式会社定款再作成支援サービス、一般消費者向けの書類作成サービス「LegalScriptPersonal」の、4つのサービスが提供されています。

また、株式会社サンプルテキストは、クラスアクションの伊澤 文平氏が代表理事を務める「一般社団法人LegalTech協会」に参加しています。(2019年6月時点)

(参考) LegalScriptが会社設立手続支援サービスをリリース 株式会社設立に必要な書面をすベて無料で作成 – PR TIMES

クラウド契約書サービスのHolmes、契約マネジメントシステム「Holmes Project Cloud」を正式リリース

クラウド契約書サービス「Holmes」を提供する株式会社Holmesは、事業推進のための契約マネジメントシステム「Holmes Project Cloud」の正式リリースを発表しました。あわせて、コーポレートサイトの全面リニューアルも発表しています。

「Holmes Project Cloud」とは

Holmes Project Cloudとは、業活動に必要なあらゆる契約をプロジェクト単位で設計し最適化する契約マネジメントシステム。事業の流れに合わせて、文書や関連情報を管理し、進捗やタスクを把握しながら、シームレスに契約業務を行うことが可能になっているとのことです。

「Holmes」とは

クラウド契約書サービス「Holmes」は、2017年にリリースされ、同年、シード投資ファンド「500 Startups Japan (現: Coral Capital)」による数千万円の第三者割当増資が行われています。

2018年6月には、大規模バージョンアップが行われ、企業間請求代行サービス「MF KESSAI」や、世界的な電子契約プラットフォームである「DocuSign」との連携が発表されました。

2018年11月には、シリーズAラウンドで、5.2億円の資金調達を実施し、同時期に「株式会社リグシー」から、「株式会社Holems」への社名変更を行っています。

2019年4月には、大手外食チェーン「モンテローザ」への、「Holmes for 店舗」の導入が発表されています。

今後も、リーガルテックの最新情報を発信してまいります!

(参考) 契約に本質的なソリューションを。事業推進のための契約マネジメントシステム「Holmes Project Cloud」を正式リリース – PR TIMES

リーガルテック株式会社、次世代法律検索エンジン「LegalSearch.jp」の提供開始を発表

eディスカバリーサービス、デジタルフォレンジックサービスなどを提供するリーガルテック株式会社は、次世代法律検索エンジン「LegalSearch.jp」の提供開始を発表しました。

Webブラウザベースのサービスに加え、iOS、Androidアプリのリリースも発表されています。また、リリースを記念し、6カ月間の無料キャンペーンを実施するとのことです。

「LegalSearch.jp」とは

同社が、2018年に発表した、「dBengosi.com」の後継にあたるサービスとなっており、以下の特徴が挙げられています。

  • 日本・韓国の70万件の判例法令検索が可能
  • 日本語で検索した韓国の法令・判例を日本語に自動翻訳
  • iOSおよびAndroidモバイル対応
  • キーワード重要度コントロール機能実装
  • 検索エンジンのスピードアップ
  • 音声による法律検索が可能
  • 検索キーワードが最大10個まで入力可能

リーガルテック「調査・分析」分野のコンテキスト

先日、本ブログでもご紹介させていただいた、経済産業省によるリーガルテックの市場構造分析」では、「調査・分析」分野の、さらなる発展可能性が期待されていました。

資料によると、既存プレイヤーとして、「d1-Law.com」や、「westlaw.japan」が挙げられています。本サービスは、この「調査・分析」分野のリーガルテックサービスであると考えられ、今後の状況によっては、スタートアップの参入も考えられる分野です。

本ブログでは、「調査・分析」分野の新規参入情報についても、積極的に発信してまいります!

(参考) 次世代法律検索エンジン「LegalSearch.jp」 – PR TIMES

リーガルテック関連事業のローイット、「AI行政書士 マルット」の変更届自動作成機能を発表

リーガルテック関連事業を展開するローイット株式会社は、クラウドサービス「AI行政書士 マルット」の新機能として、宅建業の変更届を自動作成する機能を発表しました。

自動作成することのできる変更届として、

  • 商号又は名称の変更
  • 主たる事務所の移転
  • 法人役員の就任
  • 法人役員の退任
  • 専任の宅地建物取引士の就任
  • 専任の宅地建物取引士の退任

が挙げられてます。

「AI行政書士 マルット」とは

「AI行政書士 マルット」は、2018年8月にベータ版がリリースされた、行政書士顧客向けクラウドサービス。企業の許認可管理に必要となる情報をクラウド上に集約することにより、各種許認可の更新漏れや、更新時の要件不足による事業停止リスクを回避することのできるサービスです。

(参考) 「AI行政書士 マルット」 宅建業の変更届、自動作成機能リリース – PR TIMES

リーガルテックのクラウドサイン、経営戦略・HRオートメーションシステム「サイレコ」への採用を発表

弁護士検索・法律相談ポータルサイトを運営する弁護士ドットコム株式会社は、株式会社アクティブ アンド カンパニーが提供するHRオートメーションシステム「サイレコ」の「クラウドサイン」採用を発表しました。

「サイレコ」とは、組織人事の情報を蓄積し、有効な経営情報としての活用を支援するクラウド型人事管理システム。人事領域における定型業務の自動化・効率化、人材のマネジメント、情報の一元管理機能などを提供しています。

一方、「クラウドサイン」はWeb完結型クラウド契約サービスとして、導入社数40,000社を突破するなど、国内のリーガルテックを牽引するサービスとして注目が集まっています。

「サイレコ × クラウドサイン」の提携によって、

  • 雇用契約書の作成を自動化
  • システムによる雇用契約の締結

などが可能になるとのこと。

サイレコがクラウドサインを電子契約プラットフォームとして採用した経緯として、

  • 導入社数40,000社、国内No.1電子契約サービスである実績
  • 弁護士ドットコムが運営し弁護士監修のもと提供されているサービスである点

が挙げられています。

今後も、リーガルテックの最新情報を発信してまいります!

(参考) 弁護士監修の国内No.1電子契約サービス「クラウドサイン」がクラウド型人事管理システム「サイレコ」のプラットフォームとして採用 – PR TIMES

クラウドサイン、インフォコムの「リーガルテック API エコシステム」への参画を発表

Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム株式会社は、文書管理システム「MyQuick」を提供するインフォコム株式会社の「リーガルテック API エコシステム」への参画を発表しました。

「MyQuick」との連携により、電子契約サービスを利用した際に発生する「二重入力」の手間が省けるとのことです。

「MyQuick」とは

文書管理システム「MyQuick」は、1993年から提供が開始され、2016年よりクラウドサービスとして展開されています。

「リーガルテック API エコシステム」とは

(追記)

(参考) 「リーガルテック API エコシステム」に インフォコム が参画 「クラウドサイン」と文書管理システム「MyQuick」が連携 – PR TIMES